読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一眼でも生きている石

やるべきこと:体重65kg、ゴミ出し、掃除、睡眠時間の確保。できるまで他の一切は不要

Nautilus vs. Graves

 今OPと専ら評判のGravesが対面に来ました。

 

gyazo.com

 

 ADC、Topと2ロールで勝率トップなのがすさまじいですが、ちょっと前までJungleも1位で、この表は壮観でしたね。

 ただ、私のレート帯ではそこまでpickもbanもされません。OPとしての機能を出すには多少習熟がいるということでしょうか。

 ひとまず、Nautilusがまともにぶつかって勝てる相手ではない。じっと耐え忍ぶようにプレイし、味方のガンクを待つのみです。自分がちゃんとヘルスを残した状態でレーンをpushさせ、味方をgankに来させれば、こちらはCC魔神のNautilus、相手は防御の弱いMarksmanなので、やっつけるのは難しくないはずです。

 今回のゲーム、やはり早々に相手にヘルスを削られてしまい、味方とのgankを合わせづらい状態になってしまいました。marksman系の相手とやり合う際の最大の課題でしょう。いかに相手のスキルをかわしつつ、CSもきっちりとるかということですね。

 今回、味方はJGのUdyrが 2/8/1、MidのYasuoが7/10/3と惨憺たる様相(毎度のことですが。毎回のようにpickされるYasuo、味方にいると非常にいやーな気持ちになります)。

 みずからダメージを出してkillを取ることの難しいNautilusは、ある程度味方に依存せざるを得ません。いわゆる「魔境でキャリーできる」champではまったくないんですね。しかし、Bronzeでの勝率は高い方で、op.ggによると今は50.99%で16位です。

 そんでもっていわゆる「魔境でキャリーできる」champは、たとえば上でJungleでの勝率57%となっていたUdyrはブロンズだと勝率47%、他思いつくところだとYasuo48%、Katarina49%、Leblanc46%、Master Yi49%、Lee Sin45%、Tryndamere 48%、Fizz49%と、いずれも5割を切っています。要するにどれも難しい。実際にこれらの championが味方にいてうんざりすることは多々あれどありがたいと感じることはめったにありません。あからさまなSmurfか、対面があまりにひどいfeederだったときぐらいですね、活躍するのは。

 自分はゲーム理解がまだまだ相当足りないということを強く自覚しているので、Nautilusを使いながら、多少は味方に期待しつつ、とにかく知識として得るべきものを徹底的にまずは得ていこうという方針です。レーンでは対面ごとの最大限のパフォーマンスを出し、Jgをはじめとする敵の位置、敵味方の装備を把握するように努め、チームが次に何をすべきか、がはっきりわかる状態にする。

 そこまでできたと感じても、なお「味方が弱くて勝てない」ならば、上記「魔境でキャリーできるchamp」に手を出すこととしましょう。

 この試合なぜかreplay.ggに自分のreplayが上がっておらず(たまにある)10分CSを確認できませんが、

 32分でNautilus CS166 KDA 0/5/6、Graves CS194 KDA 8/4/4 と惨憺たる結果。しかしチームでKDAが1を超えていたのは自分だけ(笑)

 NA diamondの同一マッチアップを研究。

 Nautilusの10分CS77, 0/0/2。Graves CS65、0/2/0。

 CSで上回っており、味方のgankがきっちり刺さって、こうあるべきだよなあ、と感じさせられるばかり。