読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一眼でも生きている石

やるべきこと:体重65kg、ゴミ出し、掃除、睡眠時間の確保。できるまで他の一切は不要

Bronze5 Top Wukong vs Malphite

 囲碁ならば対局後に「天頂の囲碁」に自分の碁を検討させて、ここでこういうふうにすれば勝てたんだ、というのがわかる場合が多く、すっきりするのだが、LoLだとなかなかそうもいかない。しっかりリプレイ見直すとなると実際の試合と同じだけの時間がかかるし、教えてくれる人もいないので、はっきりとした改善点がわからなかったりする。

 そうはいっても。あからさまに「これはダメだろ」というプレイは何回もしてしまっているのに気付く。そのプレイは「もうやらないぞ」としっかり胸に刻み込まなければ何度も繰り返してしまったりする。

 今日の明らかにダメなプレイ一覧。

◎自分はトップウーコン、対面マルファイト「レベル2先行して仕掛けよう」と思ってレベル2になった瞬間仕掛けたが、なんと

・相手のほうが先にレベル2になっていた

・2番目のスキルを取得せずに仕掛けていた

という事実が明らかに! 落ち着きましょうね。

◎ウルトのあるマルファイト相手に仕掛けて返り討ち。相手がレベル6になったことを意識していなかった。レベル2、3に相手/自分がいつなったかを意識するのは極めて重要で、基礎的なこと。ましてやマルのようにウルトが超強力な相手であれば。

◎フラッシュを切ってもどうせ死ぬと頭でわかっているなら、実際に切らないように。指と頭を連動させよう

 ほかにもいろいろあるが、上の3点。たぶん自分、焦りすぎだと思う。LoL囲碁と違って瞬間的な判断が求められるというのは確かだが、「飛ぶ前に見る」余裕がない性質のものでは決してないはず。

 CS: 自分10分あたり66、相手48

 KDA: 2/4/5

 この試合自分はレーンでも負けてぱっとしなかったが、味方のルシアンのサモナー名がKoreasexy、きっととてつもなく上手いんだろうなと思ったら案の定で、スーパーキャリーしてってくれた。韓国人っぽい名前のプレイヤーは、ほぼ例外なくめちゃ上手い。根本的な素地が違うのだろう。いやはや、面白い。