読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一眼でも生きている石

やるべきこと:体重65kg、ゴミ出し、掃除、睡眠時間の確保。できるまで他の一切は不要

囲碁

幽玄の間6級 黒番コミなし 中押し負け

https://gyazo.com/928e077dbdafbc6d6ca371d665a25e7c 白が右下の黒地の中で無理やり生きようとしている局面。R5のアテに対してP5とツギました。ここで黒次の一手はなんでしょう。 gyazo.com 単にアテるのが生着で、これで右下白は全滅、黒勝勢になります。 …

幽玄の間6級 互先黒番中押し勝ち

https://gyazo.com/287956131201ffc307735262c1e51616 すでに必勝の形成。上辺にとんでもなく強力な厚みができています。今の自分のレートだと、こういうのを作らせてしまう対戦相手かなり多い。そして厚みを消そうと無理な手を打ってきます。その無理な手を…

互先白番 14目半勝ち

gyazo.com サガリで生きを確保したつもりのこの局面です。E9へのキリがなくなったからもう大丈夫、だなんて思ってました。 gyazo.com 実は黒からここに打つ手がありました。 実戦ではこの手は打たれず、また打たれたとしても白は逃げる手はいろいろあるので…

幽玄の間6級 互先黒番(天頂の囲碁5による自分の碁の検討)

https://gyazo.com/30846fe6a3d9ce3e21c01b7b1b20d678 白が右辺の狭いところで生きを確保しようとした局面。右辺では生きられるのかもしれないが、上辺の白とはっきり切断されてしまっています。 gyazo.com ここで上図のようにハえば、N16のキリとL18が見合…

『呉清源とその兄弟――呉家の百年』

私が囲碁を本格的に始めたのはおととし2013年の夏頃である。当初から呉清源の名前はずっと気になっていた。私が囲碁を始めたきっかけは、坂口安吾のエッセイで、その中にしきりに名前の出てくる棋士が呉清源であった。 安吾のエッセイに出てくる人物の亡くな…

何に希望を託すか

囲碁用語をもじったブログ名をつけておきながら、ほとんど囲碁のことは何も書いていない。そればかりでなく10月に勤務を始めてから、囲碁にはほとんど触れることができていなかった。 仕事のことについてはここで何度も言及している通り、とても辛くて辛くて…

段級位認定大会(9/15)

9月15日、日本棋院主催の段級位認定大会に出場するため、日本棋院市ヶ谷本院へ。この大会私は3度めの出場で、1回めは昨年12月に5級戦に出場し3勝1敗、2回めは今年2月に3級戦に出場し2勝2敗。前回の3級戦での成績は奮わないが、半年以上経っていてその間にそ…